冬すみれ雑記帳

山を歩いたり、お能を見たり。

八幡谷〜打越峠〜クリンソウの小群落を見て七兵衛山〜はぶ谷を下る

 4月下旬、友達を誘ってこの前のコースをおさらいすることにしました。いずれは体験ハイキングのリーダーをしないといけないことになるので、道を覚えておきたいのです。

 打越峠までは前回どおり。ここで山の会の先輩たち4人のグループに会いました。みなさん口々に「クリンソウが咲いているから見てきたらいいよ」と言うのです。クリンソウといえば、桜草に似た可愛い花です。予定外でしたが、道を教えてもらい、見に行くことにしました。

 打越峠から住吉川方面に向かう道を下って行きました。林に囲まれた、気持ちの良い道です。15分ほど歩くと、左手にクリンソウの小さな群落が見つかりました。そこだけよく日が当たっていて、とても元気そう。つぼみもたくさん付いています。

 

f:id:murasamenokiri:20210505164504j:plain

 草丈は50〜60センチくらい。こんなに大きくなる植物だとは知りませんでした。山に咲いている花との出会いはタイミングが難しく、こんな見頃の時期に出会うのは幸運です。教えてくださった先輩たちに感謝!

 しばらく楽しみ、写真を撮ったり、通りがかったハイカーに教えてあげたりもして、元の打越峠に戻りました。ちょうど12時。折良く他に誰もいなかったので、ベンチで昼ごはんにしました。

 クリンソウを見に行った分だけ予定より時間がかかったので、七兵衛山に登って眺望を楽しんだあとは、はぶ谷を下って岡本駅に戻りました。YAMAPの記録では八幡谷入口をスタートしてから天上川公園に戻るまで5.3km、4時間25分でした。