冬すみれ雑記帳

山を歩いたり、お能を見たり。

映画・テレビ

面白い作品が多かった 春シーズンのドラマ

この春の連続ドラマは見応えのある作品がいつになく多かったです。録画する番組が多過ぎて、消化するのが一苦労でした。 中でも一番良かったのは、「コントが始まる」でした。高校の同級生3人(菅田将暉、仲野太賀、神木隆之介)で作ったコントグループ「マ…

二つの連ドラに出演している俳優さんが6人も!

春シーズンの連続ドラマを見ていて、「あ、この人、ここにも出ている!」と驚いた俳優さんが何人もいました。 芳根京子 「コントが始まる」「半径5メートル」 吉田羊 「きれいのくに」「生きるとか死ぬとか父親とか」 國村隼 「今ここにある危機とぼくの好…

「おちょやん 」第105回、珠玉の15分

放送中の朝ドラ「おちょやん 」、過去記事で「面白くならないわけがない」と書きましたが、その後は、思ったほど面白くなかったのです。主人公の千代を演じる杉咲花がしばしば早口でわめくような調子でセリフを言うのが耳障りで、しかも何を言っているのか聞…

NHKドラマ「きれいのくに」、見たことのある顔が次々に

目利きの友達がブログでほめていたNHKの新ドラマ「きれいのくに」。見ていなかった初回放送を再放送で見ました。 主人公の女性を吉田羊と蓮佛美沙子が演じることや稲垣吾郎が出ていることは知っていましたが、ほかにも見知った顔が次々と登場しました。吉田…

テレビドラマ「ソロ活女子のススメ」のすすめ

始まったばかりのドラマ「ソロ活女子のススメ」(テレビ東京、関西ではテレビ大阪。金曜深夜0時52分から30分間)。先週放送の第1回を録画して、今日やっと見ました。楽しいです! 40歳をちょっと過ぎたシングルの女性がソロで人生を楽しんでいる様子が描かれ…

「俺の家の話」と観世寿夫

TBS系のドラマ「俺の家の話」(脚本・宮藤官九郎)が終わりました。能の家元の家族という設定だったので、毎回欠かさず見ていました。 観山(みやま)流家元の長男、寿一役は長瀬智也。プロレスラーでもあります。この役を演じるために体を作って来て、試合…

テレビで見た映画「シャーロック・ホームズ最後の事件」

ホームズものは怖いことも多いので、どうしようかな? と迷いながら録画したこの映画、秀作でした。2016年に公開された作品だそうです。 ホームズは93歳(!)。引退して30年になります。地方の緑ゆたかな土地で古い館に住み、病を抱えながら養蜂を趣味とし…

年始のテレビ番組

年明けに見たテレビ番組で一番興味深かったのは、1月2日にNHKで放送された「100分de萩尾望都」です。 萩尾望都の作品は「トーマの心臓」「ポーの一族」「11人いる!」など読んだことがあるのですが、絵の美しさと不思議な雰囲気に心を引かれながらも、意味が…

片岡松十郎さん出演の動画です

「晴(そら)の会トークイベント」 ダイジェスト版の動画。メンバー8人の自己紹介です。松十郎さんはトリです。 舞踊「八島」 のお稽古とリハーサルの動画。リハーサル時の黒紋付・袴姿が凛々しい。 松十郎さん、この時は既に減量成功後だったのか、お顔は「…

片岡松十郎さん情報

朝ドラ「おちょやん」で注目を集めた片岡松十郎さんについての情報です。 年齢は45歳。身長は176cmと長身です。朝ドラ出演の話を聞いたのは2019年12月。それまで朝ドラを見たことがなかったので、「スカーレット」と「エール」をずっと見て、「朝ドラって面…

再放送ドラマ、おすすめの2本

新型コロナの影響で、このところ、テレビドラマは再放送が目立ちます。その流れに乗ったのか、あの名作「腐女子、うっかりゲイに告る。」が再放送されることになりました。30日(土)深夜11時半から、NHKです。見逃した方はぜひこの機会にご覧ください。超の…

見応え十分なNHKの「テレワークドラマ」

NHKが「今だから、新作ドラマ作ってみました」というキャッチコピーで、3夜にわたって「テレワークドラマ」を放送しています。打ち合わせ、リハーサル、本番収録とすべて、スタッフと俳優さんも、俳優さん同士も直接には会わずに制作したのだそうです。第1…

このごろハマっているドラマ

今、毎週欠かさず見ているドラマがいくつかあります。そのうち2本は、ゲイが主人公というところが共通しています。 一つは、「腐女子、うっかりゲイに告る」。NHKの「よるドラ」枠で土曜の夜に放送されています。タイトルが軽いノリなので、そういうドラマを…

「スローな武士にしてくれ」、再放送は

ドラマ「スローな武士にしてくれ」、再放送の日取りが決まりました。 5月12日(日)午後1時から、BSプレミアムです。 見逃した方はぜひ、この機会にご覧ください。

とんでもなく面白かったドラマ「スローな武士にしてくれ」

先日NHKのBSプレミアムで放送されたドラマ「スローな武士にしてくれ」がとんでもなく面白かったです。 どんなドラマか、NHKのサイトから引用しますと、 あの池田屋階段落ちのシーンが、新技術で華麗によみがえる! 前代未聞の“ハイテク×時代劇制作の舞台裏”…

昭和元禄落語心中 脚本と音楽

NHKのドラマ「昭和元禄落語心中」、脚本が良かったので、脚本を書いた羽原大介についてウィキで調べてみました。 つかこうへいに師事。 映画「パッチギ!」(2005年、共同脚本)で日本アカデミー賞優秀脚本賞、「フラガール」(2006年、共同脚本)で同じ賞の…

宅配コミックレンタル

「昭和元禄落語心中」の原作コミックが読みたい! そう思って、ネットを調べてみたら、ネットで申し込んでコミックをレンタルできるサービスがあるんですね。 DMM.com、TSUTAYA、GEOと、料金やレンタル期間もさまざまなようです。 手続きもごく簡単。すぐに…

ドラマ「昭和元禄落語心中」続き

ドラマ「昭和元禄落語心中」の中で、一つだけ名場面を選ぶとするなら、私は第6回の一場面を推します。 「野ざらし」を八雲(岡田将生)と助六(山崎育三郎)が掛け合いで語ってみせたシーンです。八雲が女を、助六が男を、高座ではなく助六の娘、幼い小夏の…

濃密だったドラマ「昭和元禄落語心中」

NHKの連続ドラマ(全10回)「昭和元禄落語心中」が先日、終わりました。このドラマ、内容が濃密で見応えたっぷりでした。 物語の時代は昭和の戦前から平成まで。名人・八雲という落語家の10代から70代までを中心に据えて、彼を取り巻く人物像を描いていま…

二つの音楽映画

昔から音楽映画が大好きです。一人または複数のアーティストを主人公として、その人生や音楽活動を描いた作品。音楽がたっぷり聴けるところに何よりの魅力を感じます。 このところ、たて続けに二つの音楽映画を見ました。一つ目は「ボヘミアン・ラプソディ」…

今朝の朝ドラ 母親が言ってはいけない言葉

今朝の「半分、青い」、家族みんなに東京行きを認めてもらい、大喜びで律(幼馴染の男の子)に電話しようとする主人公の鈴愛(すずめ)。 その時、松雪泰子演じる母親が涙をこらえきれなくなり、娘が離れて行くのが寂しいとかなんとか(録画を消してしまった…

ドラマ「眩(くらら)〜北斎の娘」、今夜再放送

いくつもの賞に輝いたテレビドラマ「眩(くらら)〜北斎の娘」が、今夜再放送されます。宮崎あおい、松田龍平、長塚京三など、俳優さんの顔ぶれも豪華です。 去年の放送を見逃した方は、ぜひこの機会にご覧ください。NHKで午後10時からです。

面白かったドラマ

お正月以降に見たドラマで面白かった作品。「風雲児たち〜蘭学革命篇」 NHK 江戸時代、『ターヘルアナトミア』をオランダ語から日本語に翻訳したのは前野良沢だったのに、出版された訳書『解体新書』には彼の名前は記されず、杉田玄白だけが名声をほしいまま…